【暴露】ホームページの管理費・維持費の内訳と相場とは?

ホームページを制作した後に掛かる「更新費」、なぜ高いんだろうと思った経験はありませんか?会社のホームページは作って終わりではありません。事業やサービスの追加など、会社の状況はどんどん変わりますので、ホームページの“更新”も頻繁に発生します。通常、この更新作業は制作した人(ホームページ制作会社)に依頼し、更新費(つまり管理費と維持費)が発生します。このように、会社用のホームページ制作においては更新があるので、制作費用と管理費・維持費はセットだと考えましょう。

この記事では、不明瞭になりがちな管理費・維持費の相場と内訳を詳しく説明します。最初に発生する制作費ばかりに目が行きがちで、制作後に掛かる費用は気にしない方も多いと思います。これから会社ホームぺージの制作を検討している方は、是非参考にしてください。

目次

ホームページの管理費・維持費の相場

ホームページを維持する人々

管理費・維持費の相場をお伝えするにあたり、まずイメージを掴んでもらうため、実在するホームページ制作会社の費用・サポート内容を紹介します。社名は伏せてまとめたので、参考情報としてまずは費用感を掴んでください。

【 A社 】

福岡県のホームページ制作会社

  • 管理費(サーバ・ドメイン代):年額13,800円
  • ホームページ更新費:1,000円~(スポット請求)

この会社はずば抜けて格安でした。予算が少なめ、格安を求めるといった方にオススメだと思います。ただし、ホームページ制作を進めていくと把握していなかった追加の費用が掛かるケースもありますので、事前に自身のやりたい内容をまとめて制作業者に費用感を相談しておくのが良いでしょう。

【 B社 】

山梨県のホームページ制作会社

  • 管理費:月額5,000円

※サーバ代・ドメイン代・SEO対策・データのバックアップ・月1回の更新作業を含む

管理費が月額5,000円のみと分かりやすい料金設定でしかも格安です。サーバー代は●●円、ドメイン代は●●円など個別に料金が設定されているより、必要なものをまとめてトータル月額●●円の方がホームページに詳しくない人には優しいです。

【 C社 】

千葉県のホームページ制作会社

  • 管理費:月額10,000円~

※サーバ代・ドメイン代・月数回の更新作業を含む

ホームページを見る限り、月額費用の作業範囲が明確には記載されていませんでした。
例えば、月の更新作業を1回だけでなく10回まで受けてくださるなど、想定よりも幅広い対応をしてくださる可能性もありますし、想定を大きく下回る作業内容の可能性もあります。月額費用内での作業内容が明確でない場合は、事前に制作会社に確認しましょう。

ホームページの管理費に含まれるサービスとは

ウェブサービスを管理する人たち

「ホームぺージをインターネット上で見てもらう」場合、ホームページだけがあってもダメです。ここでは、いわゆる管理費にあたるインターネットで公開するために必要なサービスを大まかにご紹介します。

  1. サーバー
  2. ドメイン
  3. SSL証明書
  4. ホームページの更新代行
  5. トラブル対応(保守)
  6. 運用サポート(例:広告)

次項からそれぞれのサービスの内容と費用感を詳しく説明します。

ホームページの管理費に含まれるサーバー代の目的と相場

ホームページの公開に必要なもの、まずは「サーバー(レンタルサーバー)」です。サーバーにはホームページの画像や文章データを保存でき、インターネット上にホームページを公開する重要な役割があります。サーバーがあるおかげで、世界中の人がインターネットを使ってアクセスし、ホームページが見られるようになっています。規模の小さなホームぺージであれば、格安なサーバーでも問題ないはずです。サーバー業者毎に価格・強み・サービス・サポート内容が違いますので、予算とやりたい内容を基準に選ぶと良いでしょう。

サーバー代の相場は「 年間 1~3万円 」です。

ホームページの管理費に含まれるドメイン代の目的と相場

尚、サーバーとセットで必要なのが「ドメイン」と「SSL証明書」です。ドメインはインターネットにおける“ホームページの住所”にあたります。サーバーほどランニングコストはかからず、年間3千円程度です。

ドメインについては下記の記事を御覧ください。

ホームページの管理費に含まれるSSL代の目的と相場

SSL証明書はホームページの閲覧者を守るためのセキュリティサービスです。証明されている範囲により金額が異なりますが、年間で1~3万円程度掛かります。セキュリティだけでなく、Googleの検索順位アップにも影響するものなので、ホームページを持つなら必ず入れておきたいサービスです。

ホームページの管理費に含まれる更新代の目的と相場

更新代はその名の通り、ホームページの更新作業に掛かる費用です。会社は頻繁に変化が発生するので、ホームページも更新(変更)が必要です。自社内で作業をするなら更新代はかかりませんが、知識が無ければホームページに書いた住所の変更すらできません。このため、作業の難易度に関わらず業者に代行してもらえば時間や手間が掛からず、結果としてオススメです。

更新代の相場は 「 年間 1~3万円 」です。ただし、依頼内容の規模や作業者の拘束時間によって、追加の費用が発生する場合があるので注意しましょう。

ホームページの管理費に含まれる保守代の目的と相場

「保守」は簡単に言えばトラブル対応です。例えば、ホームページが表示しなくなった、改ざん(不正にサーバーへアクセスされ、ホームぺージデータが悪意ある内容に書き換えられてしまうこと)されてしまった、といったトラブルです。専門知識が必要なので、社内に詳しい人がいなければ制作業者に任せざるをえなくなります。保守代を払っていれば、追加費用無しで即座に対応してくださるでしょう。もしも作って終わりの業者であれば、最悪対応してくれず自分で調べて対処する必要があります。

保守代の相場は 「 年間 1~15万円 」と幅が広めです。保守と一言でいっても、常に監視してくれる範囲・トラブルの対応範囲等により金額にも差が出ます。保守は、業者の対応範囲を確認し、自社内で対応できない部分を相談しましょう。

ホームページの管理費に含まれる広告代の目的と相場

広告代は、主にホームページを使った集客を目的として、クライアントに代わって広告運用を行う(またはコンサルティングを行う)ための費用です。必ずしも発生する費用ではないですが、ホームぺージを使って顧客を増やしたい、サービスを販売したい場合にはアクセス数の増加が課題になってきます。

広告運用も専門知識が必要なので、信頼する業者に依頼したいところです。もしも会社のホームページを作った業者が広告運用までしてくれる場合、自社のホームページ内容は熟知しているはずですから、他社よりも効果的な運用が期待できます。

広告代の相場は広告費全体の20 %となることが多いですが、ここでは仮に「年間3~10万円」といたします。

まとめ

ここまでご紹介した管理・維持費をまとめて記載します。

ホームページ管理・維持費の相場まとめ
  • サーバー代 相場: 1~3万円/年
  • ドメイン代 相場: 3千円/年
  • SSL代 相場: 1~3万円/年
  • 保守代 相場: 1~15万円/年
  • 更新代 相場: 1~3万円/年
  • 広告代 相場: 3~10万円/年

【合計】6〜34万円/年

ホームページ制作業者を選ぶ際は、費用だけでなく実績・対応範囲も確認するようにしましょう。いざ困った時に対応してくれない事態は避けなければなりません。

ZIUSならサーバー管理・更新作業もおまかせ

ライド株式会社が提供する月額制格安ホームページ作成サービス「ZIUS(ジウス)」は、制作費用・維持費用を合わせた金額でご提供しています。ホームページの更新作業は軽微なものは無償です。ホームページ制作だけでなく、サーバー・ドメインの管理に不安がある方は是非ご検討ください。

ZIUS担当者より

ZIUSは格安でありながら、おしゃれなホームページを提供する月額サービスのホームページ制作会社です。会社や企業に限らず、多様なニーズに応えもちろん全てのプランでスマホ対応となっています。

月額 1,000円~のホームページ作成

電話でのお問い合わせ

0120-63-1138

受付時間 9:00-18:00 [土・日・祝日除く]

月額 3,980円~のホームページ作成

電話でのお問い合わせ

0120-63-1138

受付時間 9:00-18:00 [土・日・祝日除く]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

群馬県出身。
カスタマーサポートの経験が7年と長く、事務処理、営業活動等幅広い業務を行っています。
初心者の方にも分かりやすくお伝えできるよう情報発信していきます!
趣味:ランニング、キャンプ
資格:ITパスポート
   ドットコムマスターAdvance★

目次
閉じる